【VG】ロイヤルパラディン(ローエングリン)

環境も変わったので、たまってるデッキレシピを片っ端から放出したいと思います。
と言っても、3弾までで組んだデッキはロイパラばかりなのですが(


《G0:20枚》
1 x どらんがる
3 x ぎろ
4 x まぁるがる
3 x 武器商人 ゴヴァノン
1 x 未来の騎士 リュー
4 x 小妖精の鼓笛隊
4 x 世界樹の巫女 エレイン

《G1:15枚》
4 x 探求の騎士 ガラハッド
4 x 閃光の盾 イゾルデ
4 x 若年のペガサスナイト
3 x ぼーるがる

《G2:8枚》
4 x 試練の騎士 ガラハッド
4 x 盟約の騎士 ランドルフ

《G3:7枚》
4 x 斬魔の騎士 ローエングリン
3 x 爆炎の剣士 バロミデス



ヴァンガードvaultからの引用なのでいつもとはレシピの書き方が違います。
ちなみにリンク先はちょっとレシピが違ったり。

ドロートリガー多めのローエングリン軸ロイパラという若干珍しいというか弱そうなデッキ。
当初のコンセプトは「ドロートリガーとソウルチャージでデッキをガリガリ掘って、どらんがるで詰み込んだデッキボトムまでさっさと到達させる」というものだったのですが、思ったより早くボトムに到達してくれなかったので現在は「ローエングリンのフルブラストで一掃し、以降5000ガードで相手のアタックを流す」というざっくりとしたコンセプトになってます。
そんな簡単にフルブラストが決まるのか?という疑問もありますが、もちろんそう上手くは決まりません。

そこで考えたのがリアガードのローエングリン+9000ブーストによる19000列の形成。
玄人プレイヤーでも19000という数字は馴染みがないと思いますが、これが意味するのはどらんがる系やフルバウ系に積まれるパワー9000のG2ユニットに対して15000ガードを強要できるということです。
相手からすると、リアガードへのアタックを防ぐために手札を2枚切るか、フルブラストで場を一掃されるか、の2択をかけられるので厄介なことこの上ないでしょうね。
仮に相手が15000ガードをし続けてフルブラストが決まらなくても、手札を2枚切らせてる時点でもう仕事は果たしてます。
もしもリアガードのローエングリンを潰しに来ようものなら、跡地にバロミデスやランドルフが登場するので、今度は22000or20000列が形成されます。
このどの列から殴っても2枚分のガードを要求するというのがこのデッキの裏コンセプトです。こちらがドロートリガーばかり引いてガード数値が低くなっても、相手に同じ枚数だけ手札を切らせれば問題ないだろうという魂胆。

そして、このデッキの核となる9000ブーストにはペガサスナイトとぼーるがるを採用。
どちらもローエングリンと相性が良いのは言うまでもないですよね。
中でもペガサスナイトは色々と数値が噛み合うので非常に優秀です。
例えば、ソウルチャージした状態でバロミデスをブーストすれば22000、もう1枚ソウルを溜めれば25000。V10000に対して20000ガードを要求することができます。
また、リアガードのローエングリンをブーストする場合もソウルチャージ+まぁるがるで10000+6000+3000+3000+3000=25000。
しかも、このまぁるがるもVのローエングリンと並べることで16000になるので、9000ブーストを引くまでの繋ぎになります。
相手のVが10000の時と11000の時で計算が変わるのでけっこう面倒ですが、上手く噛み合えばソウルセイバードラゴンがソウルブラストした時のような場が作れるので気持ち良いです。


欠点はローエングリンにライドできなかったらデッキの大半が機能しないということ(
これが越えられない限りガチデッキには程遠いですね。
[PR]
by aboutO_K | 2011-11-01 16:35 | ヴァンガード | Comments(0)


<< 【VG】11/6 立川ファミコ... 【VG】10/30 立川ファミ... >>