【VG】いろいろ

世間的には歌姫の饗宴が発売して盛り上がってる頃だと思いますが、私は相も変わらずサブクランばかり弄ってます。
本日はここ最近使ったサブクランについていろいろと書いてみたいと思います。


グランブルー

一般的なバスカネグロにG1枠で自由度を増してみた構築。
Vのブーストは基本的にイービルシェイドではなくキングシーホースを用いて、ドロップゾーンを利用しやすくしています。
2弾環境の頃よりも丸い構築になっているのでデッキ自体はすごく回しやすくなりました。

欠点は全体的にサイズが貧弱なため相手の強いアクションへの対抗手段が少なく、すぐに手札差をつけられてしまうということ。
また、持久戦が得意なクラン相手に粘れるほどデッキ枚数が持たないということ。
つまりデッキパワーが環境に追いつけなくなったということです。
15000列を作るだけなら優秀なクランなのですが、今の環境にマッチしていないのが残念なところ。
メインの軸になるナイトミストやネグロマールが流行りのV13000に対して確実に足を引っ張ってしまうのも悩みどころです。
ただ、カードパワーの低さは追加エキスパンションが出れば解決できる問題なので、6弾に期待したいと思います。




たちかぜ

コミックスタイルで登場したサベイジキングのために組み直したデッキ。
基本的にソウルセイバードラゴンのように詰めの場面で使います。
ソウルを貯める手段はもちろんスレッジアンキロとバキュームマンモス。

Vが10000なため現環境では若干きつい印象ですが、デスレックスが単体で15000を出せるため流行りのV13000に対して23000を作ることが可能です。
デッキパワーではメインクランに敵いませんが、若干不利くらいの展開でゲームを進められればあとはサベイジキングが解決してくれるので思ってたよりは戦えます。
醒トリガーはサベイジキングが巨大化した時のために積んでいますが、引8☆4も良さそうなので試してみたいです。




ディメンジョンポリス

5弾が発売したことで大きく変わったのはミラクルビューティーの採用とトリガーの比率。
一応イニグマンレイン軸とイニグマンストーム軸を組んだのですが、レインは構築上G1が6000ばかりになるせいでV13000どころかV11000相手にも苦戦してしまうので、今はストームをメインに調整しています。

レイン軸の特徴はコスモロアーのおかげでV能力の起動が簡単だということ。それによりトリガーに頼らずともカードパワーで戦うことができます。
しかし、ストーム軸だとミラクルビューティーを活かす方法が醒トリガーしかなく、また細かいところが噛み合わないせいでイニグマンストーム+ミラクルビューティー+コマンダーローレルの3枚コンボとしてデッキを動かさなくてはいけません。
つまり、引きへの依存度が少し高いのです。
理想としては

コムラード  ストーム  ミラクル
ローレル   デイジー  デイジー

のような場を構築しミラクル→ストーム→コムラードの順にアタックしますが、ミラクルが引けない場合は

ウェーブ   ストーム  コムラード
ローレル   デイジー  デイジー

のようにしてウェーブで相手のR9000をブースト無しでアタックし、無理やりローレルの発動条件を満たしましょう。
ローレルが引けない時は・・・代わりにトリガーがたくさん捲れることを祈りましょう(




メガコロニー

クリティカルトリガーを8枚積んだことでものすごく強くなったので解説することは特にないです(
[PR]
by aboutO_K | 2012-03-11 20:43 | ヴァンガード


<< 【WS】デッキ色々 【VG】3/4 立川ファミコン... >>