アクアフォース Ver.メイルストローム

竜騎激突が発売してますます盛り上がるヴァンガードですが、今回は竜騎激突にも収録されているアクアフォースを使ったデッキを紹介します。
と言っても竜騎激突のカードは1枚も入ってないのですが。





■グレード 3
4 x 蒼嵐竜 メイルストローム
3 x 波状螺旋の水将 ベネディクト
3 x ストームライダー ディアマンテス
■グレード 2
4 x ティアーナイト ラザロス
4 x コーラル・アサルト
3 x ストームライダー バシル
■グレード 1
4 x ティアーナイト キプロス
4 x 戦場の歌姫 ドロテア
4 x 翠玉の盾 パスカリス
■グレード 0
1 x 士官候補生 エリック
4 x 索敵するカモメ兵
4 x 高速遊撃のイルカ兵
4 x 輝石通信のラッコ兵
4 x 虹色秘薬の医療士官




◆グレード3の枚数について

一般的なデッキではグレード3の枚数はおそらく7~8枚だと思いますが、このデッキでは少し多めに10枚入れています。
これはアクアフォースのクラン特性である連続攻撃が可能なユニットをできるだけ多く採用したかったからです。
そもそもアクアフォースにはヴァンガードにライドしてコンセプトになるカードが存在せず、デッキの核になるのはリアガードで活躍する《ディアマンテス》と《ベネディクト》となります。
そのためこの2体のうちどちらかでも引けないとヴァンガードのユニットを活かすことができず、デッキのポテンシャルを引き出せないため他のクランより劣ってしまいます。
ちなみにこのデッキには連続攻撃役の保険として《バシル》も採用していますが、相手のヴァンガードのパワーが11000の場合アタックがヒットしないので過信はしていません。

さて、ここで問題となるのが「グレード3を10枚も入れて事故は起こさないのか」ということです。
ご存知の通りグレード3はガーディアンコールすることができないため、あまり枚数を投入しすぎると事故の原因となります。
しかし、このデッキはグレード3がメインアタッカーとなるので引いたグレード3を積極的にコールすることで手札のグレード3が邪魔になることを緩和します。
また、《ディアマンテス》や《バシル》の特徴である“同列にグレード2以上を並べる”というアクションのおかげでグレード3を同じ列に並べることも可能です。
そのため最大で3体までグレード3をコールできるので、手札のグレード3を限界まで捌くことができます。
さらに《ベネディクト》は単体で2回アタックできるという強力な能力を持っているため、相手から厄介がられ積極的にアタックされることがあります。
その時はノーガードから次のターンに2体目をコール。そのための3積みでもあります。

余談ですが先日の大会でツインドライブを2回してグレード3を4枚捲ってしまったので、確実に事故を起こさないとは言い切れません(




◆スタンドトリガー8枚、クリティカルトリガー0枚

このデッキではヴァンガードの《メイルストローム》を活かすためにリアガードからアタックします。
そのためドライブチェックでクリティカルトリガーを捲ってもリアガードに乗せるタイミングがないことが多いので、トリガーは8枚、4枚、4枚という構成にしています。
そこで不安の種となるのが「ダメージ4点からヴァンガードのアタックをノーガードされてしまう」ということです。
クリティカルを採用してる一般的なデッキの場合は4点の時にノーガードしてしまうとドライブチェック次第で一気に6点まで到達してしまう可能性があるため相手のガードを強要しやすいのですが、このデッキにはクリティカルが入っていません。
なので勝ちに行くためには一般的なデッキとは違うアプローチをしていきます

それは「ガードの数値ではなく枚数を要求すること」です。

例えば、クリティカルを採用したデッキでR10000ガード要求・V15000ガード要求・R15000ガード要求の列を形成してアタックし、クリティカルトリガーを1枚捲ったとします。
これを片方のリアガードに乗せて15000・15000・15000ガード要求にした場合、相手が切らなくてはいけないガードの枚数は最低でも
10000×3、5000×36枚となります。

ではこのデッキの場合はどうなるのか。
リアガードで15000ガード要求できるカードの代わりに《ディアマンテス》が入っているので、要求するガード値はR10000・V15000・R5000・R5000。
ここでスタンドトリガーを1枚捲り、1体スタンドさせたうえでパワー+5000を10000ガード要求の列に乗せます。
すると15000・15000・5000・5000・5000ガード要求となり、相手が切らなくてはいけないガードの枚数は最低でも
10000×2、5000×57枚となります。
要求するガード値の合計は同じはずなのにこちらの方が1枚多いですね。
もっとも、実際は相手のダメージトリガーだとか《ドロテア》による10000ブーストだとかで要求する数値は変わるのであくまで一例ですが。

また、先ほど書いた「ダメージ4点からヴァンガードのアタックをノーガードされてしまう」という点に関しても、《メイルストローム》には4回目のアタックで『[【自】【(V)】:【カウンターブラスト】(1)]このユニットのアタックがヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、1枚引き、相手のリアガードを1枚選び、退却させる。』という強力なリミットブレイクが付いているため、むしろノーガードしてくれた方が好都合と捉えることもできます。
このように相手に多くのガードを払わせつつ、ヴァンガードの《メイルストローム》で相手を牽制するというのがこのデッキのメインアクションになります。




◆対11000

さて、アクアフォースを使ううえで壁となるのがパワー11000のヴァンガードです。
最初の方にも書きましたが、相手のパワーが11000だと《バシル》のアタックがヒットしません。
さらに言うと、《ベネディクト》もブースト無しでは11000にアタックを当てることができません。
では、相手のヴァンガードが11000の場合はどのようなアクションを取ればいいのでしょうか。

一番簡単なのは《ディアマンテス》を使うことなのですが、今回は《バシル》と《ベネディクト》を引いてしまった時の立ち回りを考えてみます。
例えば、


《ベネディクト》  《メイルストローム》  《バシル》
 《キプロス》     《ドロテア》    《キプロス》



このような盤面になったとします。
まずは《バシル》の列からアタック。《バシル》は後衛と入れ替える能力を使わなくてもパワー+2000されるので、《キプロス》のブースト込みで17000となります。
次に《ベネディクト》がブースト込み17000でアタック。《ベネディクト》のスキルは強制なのでパワー-5000されスタンドします。
最後に《メイルストローム》でアタック。
ここでスタンドトリガーを捲ったとします。
その場合、《ベネディクト》の後衛の《キプロス》をスタンドさせたうえでパワー+5000することで再び17000でアタックすることができます。
仮にスタンド以外のトリガーが捲れた場合は《ベネディクト》にパワー+5000して10000でリアガードをアタックしましょう。

ちなみにこれが《バシル》ではなく《コーラルアサルト》の場合は


《ベネディクト》  《メイルストローム》  《コーラルアサルト》
 《キプロス》     《ドロテア》      《キプロス》



まず《コーラルアサルト》の後衛の《キプロス》のCB1を1回使用します。
こうして16000でアタック。
次に《ベネディクト》がブースト込み17000でアタック。《ベネディクト》が自身のスキルでスタンド。
そして《メイルストローム》でアタック。
スタンドトリガーを捲った場合は《コーラルアサルト》をスタンドさせ、パワー+5000はベネディクトに乗せます。
すると、《ベネディクト》でリアガードをアタックし《コーラルアサルト》(3回目以降のアタックで11000)でヴァンガードをアタックすることでそれぞれ5000ガード要求でアタックすることができます。
先ほどの例では10000ガード要求だったのですが、今回は5000ガード×2となり相手に要求する枚数が先ほどより1枚多くなりました。

もちろん場合によってはこれ以外のアタックの仕方もありますし、《メイルストローム》のリミットブレイクを期待するために《ベネディクト》でアタック回数を稼ぐためだけにアタックすることもあります。
この辺はフィーリングで頑張りましょう、私も正解はわかりません(



随分長々と書いてしまいましたが、ただの自己満足なので大目に見てください(((
アクアフォースの構築の参考になったら幸いです。
[PR]
by aboutO_K | 2012-12-15 22:19 | ヴァンガード | Comments(0)


<< エンジェルフェザー Ver.シ... 【WS】いろいろ >>