アクアフォース Ver.テトラドライブドラゴン

■グレード 3
4 x 蒼波竜 テトラドライブ・ドラゴン
3 x 蒼翔竜 トランスコア・ドラゴン
1 x ストームライダー ディアマンテス

■グレード 2
4 x ティアーナイト ラザロス
4 x タイダル・アサルト
2 x 双撃のブレイブ・シューター
1 x ストームライダー バシル

■グレード 1
4 x 遊撃のブレイブ・シューター
4 x 翠玉の盾 パスカリス
4 x 発光信号のペンギン兵
2 x ホイール・アサルト

■グレード 0
4 x スーパーソニック・セイラー
3 x マザーシップ・インテリジェンス
4 x 戦場の歌姫 マリカ
1 x 輝石通信のラッコ兵
4 x 虹色秘薬の医療士官

■ファーストヴァンガード
1 x 士官候補生 エリック






ごく平凡で一般的なトランステトラ。
基本的な構築もプレイングも環境に存在するものと大差ないので割愛します。

なので今回はこのデッキを組むにあたって意識したこと、または気付いたことを適当に書いていきます。





◆トランスコアドラゴンの強みと弱み

このデッキの一番の見せどころはアニメでもやっていましたが《トランスコアドラゴン》から《テトラドライブドラゴン》にブレイクライドすることでハンデス能力を2回使用するというところです。
実際に大会でもこのデッキを使ってみたのですが、ブレイクライドが成功するとそのターン中にほぼ勝つことができます。
つまりデッキタイプとしてはスパイクブラザーズのような1SHOTデッキに相当しますが、《テトラドライブ》自身はハンドアドバンテージを失わずにスタンドすることができるため息切れしにくく、万が一ブレイクライドに失敗しても4~5回の連続攻撃で普通に勝ててしまうこともあります。

しかし、ブレイクライドでも《テトラドライブ》への直接ライドでも勝つことができるこのデッキですが、唯一辛いのは《トランスコア》しか引けなかった場合の展開です。
そもそも、この《トランスコア》というユニットはコンボパーツではあるもののパワーカードではないため単体の性能はそれほど高くありません。
例えば、《モルドレッドファントム》や《インフィニットゼロドラゴン》のようなブレイクライドユニットの場合、同名のユニットにライドし続けてブレイクライドスキルを使い続けるだけでアドバンテージを稼げますが、《トランスコア》の場合はこちらが再ライドに手札を1枚消費しているのに対して相手に要求できるのは1枚ハンデス。
つまり+10000を除けば1:1のアドバンテージ交換にしかならないのです。
確かに連続攻撃で相手の手札を削るアクアフォースとは相性が良いかもしれませんが、捨てる手札は相手が選ぶので相手の手札の質を下げられない可能性があるため効果的とは言えません。





◆速攻による牽制

構築した当初はグレード3が9枚、グレード1が13枚だったのですが、《トランスコア》による1SHOTを追求しすぎたせいで相手が速攻で展開してきた時に対処しきれず負けてしまうことが多かったので《トランスコア》を1枚減らしてグレード1を増やしたのが現在の形になります。
なのでブレイクライドは若干決めづらくなりましたが、その代わりグレード2で速攻をしかけるという選択肢が生まれたのでプレイングの幅が広がりました。
そして、速攻する際に活躍するのが《タイダルアサルト》と、1枚だけ入ってる《バシル》です。
本来なら《テトラドライブ》のアタック回数を稼ぐためのユニットなのですが、序盤ならパワー的にアタックがヒットする範囲なので速攻というアクションと相性が良いです。
逆に言えば相手が11000のユニットにライドした時点でアタックがヒットしにくくなるので、後半に引きすぎると困るので《バシル》は1積みだったりしますが。

余談ですが、何故《バシル》が1積みかというと、速攻というアクションはあくまで選択肢の1つであってコンセプトではないからです。
「2ターン目に6マス埋めて5回アタックできる…」みたいな手札をしてたとき限定の必殺技だと思っててください。
重要なのは運が良ければ勝てる手札パターンを作れることであって、運に頼って勝つことではありません。
「引けなかったから負けた」なんて言いたくないですし、「大事な場面でバシル引いたから負けた」なんてことも言いたくないですからね。




◆ペンギン兵とドロートリガー

1SHOTするにしても速攻するにしても盤面が揃わなければ有効に活用することはできません。
そこで今回はデッキの回転率を上げるためにドロートリガーを若干多めに5枚採用しています。
《テトラドライブ》の特性を考えるとクリティカルトリガーを多めに積んでもいいかもしれませんが、今回は手数を増やしたかったのでドロートリガーを選びました。
ですが、トリガーという不確定要素に頼るわけにもいかないので、ドロー能力を持つ《 発光信号のペンギン兵》も4枚投入しています。
デッキの性質上ソウルが貯まりにくいので2体目を出すことは稀ですが、1体目をV下にコールしてブレイクライド後に左右どちらかのR下もう1体コールすることはたまにあります。

ただ、これが先攻で相手のVが9000の場合、《タイダルアサルト》と《ペンギン兵》で14000列(10000ガード要求)を作ることができるのでR下にコールします。
その場合、Vの下に《戦場の歌姫マリカ》をコールするとその後キレイに展開することができます。
Vが《トランスコア》の場合、17000列を作れるので相手のV11000に対して有効な列ができ、ブレイクライド後は《マリカ》をソウルに送ることで《タイダルアサルト》に+3000、単体12000でアタック後に《ペンギン兵》のブーストでもう一度12000でアタックして相手に追い打ちをかけます。
Vが《テトラドライブ》の場合、15000列になってしまうので序盤は弱いですが、リミットブレイク発動後は上記と同じように《タイダルアサルト》をパンプして相手の手札を削っていきます。
《マリカ》でソウルが増えてるので2体目の《ペンギン兵》をコールしてもいいかもしれません。

あ、さらっと書きましたが《タイダルアサルト》と《マリカ》の組み合わせはびっくりするほど強いです。
というか《マリカ》ってカードがアクアフォースの「V11000に対してちょっと足りない。」という欠点を全部補ってくれるので、テトラドライブに限らずほぼ全てのデッキで活躍が期待できます。まぁ、活躍も何もドロートリガーなんでそりゃ何もしなくても勝手に活躍してくれるのですが。




大体こんな感じ。
絶禍繚乱でカードパワーが大幅に上昇したので、メイルストロームのようなちまちました戦い方せずとも勝てるようになったのは大きいですね。
それでも個人的にはメイルストロームの方が好みなのですが。愛着もありますし。
ちなみに今のメイルストロームにはタイダルもマリカも入ってます。これが、カードパワーだ!
[PR]
by aboutO_K | 2013-10-07 00:51


<< デビルサバイバー2 東京地区タ... アクアフォース Ver.メイル... >>