デビルサバイバー2

《Lv0:18枚》
4 “悪魔使い”ダイチ
3 “悪魔使い”イオ
3 “悪魔使い”ヒビキ
3 活発な少女 アイリ
3 凛とした美貌 マコト
2 生きる意志 ヒビキ

《Lv1:12枚
4 7日間の戦い イオ
4 稀有なる資質 ヒビキ
4 ダイチ&じゃあくフロスト

《Lv2:3枚》
3 “悪魔使い”ヤマト

《Lv3:9枚》
3 最後の戦い ヤマト
3 人見知り イオ
2 “輝く者”ヒビキ
1 ルシファー

《CX:4+4枚》
4 ビャッコ召喚
4 悪魔合体




今回はデビルサバイバー2を紹介します。

デビルサバイバー2はタイトルカップ以降も調整を重ね、公認大会でも積極的に使っているのですが、ようやく勝率が安定してきたので今回レシピと解説を上げようと思いました。




このタイトルの強みは何といってもアタッカーとサポート用カードの質の高さです。


Lv1では『7日間の戦い イオ』『稀有なる資質 ヒビキ』という安定して高パワーを出せるキャラで相手キャラを倒し、返しのターンも『ダイチ&じゃあくフロスト』で守ったりクロックアンコールで盤面をキープしたりすることができます。
ちなみに後列は基本的に『“悪魔使い”イオ』『“悪魔使い”ヒビキ』が並んでいるので、『稀有なる資質 ヒビキ』のパワーは応援の上なら7000まで上がります。


Lv2に上がったら『最後の戦い ヤマト』をチェンジから出して相手のアンコール持ちを潰しに行きます。
『最後の戦い ヤマト』はCXシナジーで相手ターンの終わりまでパワーが14500になるので、返しで倒されることはほぼありません。チェンジから出せるLv3の中でもトップレベルの堅さです。
また、前列を『最後の戦い ヤマト』で潰しつつ後列をカムバックトリガーで対処することもできるので、相手の場がコスト持ちのキャラばかりだと非常に優位にゲームを進めることができます。


そして、デビルサバイバー2だけが持つ優秀な後列である『“悪魔使い”イオ』『“悪魔使い”ヒビキ』

『“悪魔使い”イオ』は応援と集中という他には考えられない優秀な2つの能力を持っているため応援と集中のスペースを別々に割く必要がなくデッキスペースに余裕を与えてくれます。

『“悪魔使い”ヒビキ』は自分のキャラがリバースするたびにデッキトップをマーカーにするという能力を持っていますが、この能力の何が強いかというとずばりコストも手札も使わずデッキを減らせるというところです。
集中はもちろん強いですが、サーチソースとしては安定せず、デッキを削るために使うにも1コストが重い場面もあります。
そこで『“悪魔使い”ヒビキ』を立てることでリフレッシュを早めることができ、運が良ければ圧縮率も上がります。
当然マーカーでCXが埋まることもあるため過信はできませんが、時々『活発な少女 アイリ』や集中を挟んでデッキの中身を確認することも大切です。そのために『活発な少女 アイリ』を気持ち多めの3枚投入しています。

最初は後列要員の2人を4枚積もうと思っていたのですが、『“悪魔使い”イオ』は1枚あれば十分なので4枚フルで投入する気になれず、『“悪魔使い”ヒビキ』はCXが多く見えてる場面だと2体立てたときにとても強いのですがそれ以外の場面で2枚出すとすごい勢いでCXが飲み込まれていくのでこちらも4枚投入する気になれず。その代わりが安定してサーチできる『活発な少女 アイリ』でもあります。


ちなみにLv3の性能は『最後の戦い ヤマト』以外特筆することもないので詳しい解説は割愛します。『“輝く者”ヒビキ』も一部のタイトルには刺さりますが、ここ数か月の公認大会で使っててCXシナジーを決めたことは2度しかありません。
余談ですが、Lv3が若干多めに入っているのは『“悪魔使い”ヒビキ』のマーカーに飲み込まれすぎてサーチできない場面が多かったからです。



ルシファーはわりと出ます。3試合に1回くらい。
[PR]
by aboutO_K | 2014-04-15 22:36 | デッキ(WS)


<< 赤青黄キルラキル アクアフォース Ver.メイ... >>