カテゴリ:ヴァイスシュヴァルツ( 46 )

【WS】12/4 ゲーマーズ立川店ポータブル記念&フェアリーテイル大会

ありあまるWSモチベの捌け口として、日曜日はWSの大会を梯子してきました。

まずはポータブル大会。
参加人数は16人。


使用デッキ:アイドルマスターDS単(
ポータブル参戦タイトルとかこれしか持ってませんし…。


1回戦目:とある科学の超電磁砲 ×
序盤にCXを引きまくる&キャンセルされまくるといういつものパターンでリフレッシュまで。
相手がリフレッシュダメージでCXが埋まりワンチャンス見えたが、こちらはボトムキャンセルでCX7枚戻しのリフレッシュ。
からのリフレッシュダメージCX。からのドローCX。からのクロックドローCX。からのアタックトリガーCX×2。
え、もうデッキにCX2枚しか残ってないけど(
当然耐えきれず負け。


2回戦目:魔法少女リリカルなのは 〇
今回も1戦目同様CXを引きまくる&キャンセルされまくる。
が、相手の前列が常に1~2体だったおかげでダメージはさほど受けない。
終盤に2ターン続けて《“雷光”フェイト》でダメージを増やされるが、今までキャンセルしなかった分終盤にキャンセルしてくれたので何とか。
最後はチャンプアタックで無理矢理ダメージをねじ込んで勝ち。


3回戦目:マクロスF ×
中盤まではほぼ互角だったけど、Lv2でチェンジを2回されてからは全くキャラが倒せなくなる。
こちらのできる限界のパワーラインが9000なせいで、以降毎ターンチャンプアタックしかできない。
それでも珍しくCXがそれなりに残ってたのでなんとかなるかと思ったら、ショットアイコンからのキャンセル→追加1点キャンセルのせいで細い打点でCXが削られていく。そして通る4点と3点。
さらに返しのドローでCXソウル+2、クロックドローでCX×2(
これでデッキ内のCXがなくなり、このターンでけりをつける羽目に。
結果、1点足りず負け。


4回戦目:Fate ×
1、2戦目同様(ry
ただ、パワーラインが似たような相手だったのでまだ楽だと思ったら、早出しした《受け継いだ夢 絵理》をバウンスされて一気に劣勢に。
結局引いたCXを全部撃ちきったが、通ったアタックは2~3回で、相手のアタックは《魔弾の射手 凛》からきっちり刻まれて負け。


1勝3敗。
デッキパワー低いのはわかってたけど、それを除いても無理な展開が多かったような…。
次にポータブル大会に参加する機会があったら誰かにデッキを借りようと思います(


大会後はmaiさんから受け取ったフェアリーテイルのパーツで新デッキを完成させ、STOPとひたすらフリー。
新デッキはほとんど勝てないまま改善点もよくわからず気づけば4時半。
フェアリーテイルの限定大会があったのでそのまま参加してきました。
参加人数は2人。


使用デッキ:赤青t黄ドラゴンスレイヤー
竜軸のFT単。フリーではボコボコだったけど、せっかくだから使いたくて…。


VS:赤青t緑
マリガンでウルティアが見えたのでグレイかと思ったら、アタックトリガーで《仲間の力 ナツ》が見える。
こちらは序盤の2ターンでCXを5枚引きこんだ以外は順調で、相手が常に1~2体しか展開しないということもあり手札、ストック、場が潤沢になる。
が、当然ながらキャンセルできず、リフレッシュ前にLv3になってしまう。
《妖精の尻尾の魔導士 グレイ》も早出しされるが、こちらはすでにLv3になってるので《天空の滅竜魔導士 ウェンディ》、《仲間の力 ナツ》、《炎のドラゴン イグニール》で無理矢理倒しに行く。
っ《紅蓮鳳凰劍》
仕方ないので3コストからアンコールさせ、次のターンもウェンディの能力からグレイを倒しに行く。
っ《紅蓮鳳凰劍》
ここまできたらもうストックは関係ないのでもう1回3コストアンコール。
3点受けたら負けだが《仲間の力 ナツ》もいるしなんとかなるだろう。
1点(ナツでトップチェック→CX)→キャンセル
3点→ノーキャンセル
わかってたけど上手くいかないね。


――大会後――

自分「まさか紅蓮鳳凰劍を撃たれるとは思いませんでしたよ」
相手「1枚しか積んでないんですけどリフレッシュからもう1回引けましたw」
自分「あー、それは仕方ないですね」

―――――――

自分「ってことがあってさー」
STOP「紅蓮鳳凰劍って思い出いってね?」



テキストはちゃんと読みましょう。



というわけで2大会連続で散々な結果。
その代わりフェアリーテイル大会の参加費で購入したパックからはナツのサインが出ました。今日CXを引きまくったのはこれに運を吸収されてたからか…。

その後はSTOPにデッキを診てもらい、ある程度方向性が見えてきました。
まずはLv1とLv2を弄り直すところから。
[PR]
by aboutO_K | 2011-12-06 18:00 | ヴァイスシュヴァルツ

【WS】11/16 立川ファミコンくん2号店

久しぶりのWS公認。
参加プロモが見たことないカードだったので、おそらく今月初大会。
参加人数は11人。


使用デッキ:青赤t黄フェアリーテイル


1回戦目:赤青t緑黄イクサ 〇
Lv0が上手く引けないうえにCXを引きまくってて危ない雰囲気。
しかし、Lv1になってからはカードパワーの差が如実に表れる。
さらに相手がこちら以上に事故ってるらしく、レベル応援しか殴れるキャラがいなかったりCX埋めてCX撃ってきたり。
最後はデッキに1枚だけ残ってたCXをアタックトリガーで捲ったらしく投了。


2回戦目:青単ハルヒ(長門) ×
今回もCXを引きすぎて、Lv0の時点で6枚CXが見えたけど、キャラの引きは弱くなかったので特に困らず。
さらに相手がLv1の時に2体しかキャラを並べなかったり、Lv2の時にサイドアタックしてきたりと良い感じの流れ。
しかし、《ギタリスト 長門》×2でパンプした《夏祭りの長門》が倒せないせいで、結局4点ほど回復される羽目に。
それに加え《しおりの伝言》も2発撃たれ、7点目がものすごく遠い。
それでもアタックが2回通るかこちらが2回キャンセルできれば勝てたけど、そんな上手くいくわけもなく。


3回戦目:赤緑黄アイドルマスター 〇
《大きな秘密 涼》が倒せなくて困ったけど、無視してチェンジから《妖精の尻尾の魔導士 グレイ》を並べたら今度は相手がチャンプアタックしかできなくなる。
結局、3体並べた《妖精の尻尾の魔導士 グレイ》が場から離れず、そのまま押し切って勝ち。


2勝1敗。
無理して集中した時に限ってCXが捲れない&アタックトリガーで捲るので、よっぽど不利な時以外は集中しない方が良いのかなぁ…。
結果論な気もするけど、この辺は人間力だから何とも。
[PR]
by aboutO_K | 2011-11-16 23:01 | ヴァイスシュヴァルツ

【WS】10/13 フルコンプ立川店

WSのモチベが高いのでWSの大会レポばかりです。

参加人数は5人。


使用デッキ:青緑ブラック★ロックシューター


1回戦目:不戦


2回戦目:赤黄刀語 ×
1回目のリフレッシュ→CX6枚戻り
2回目のリフレッシュ→6枚戻り
ソウル+2のCXを3回貼られて負け。


3回戦目:緑青アイマス ×
1回目のリフレッシュ→5枚戻り
2回目のリフレッシュ→4枚戻り
ソウル+2のCXを3回貼られて負け。



これがソウルゲーというやつか…。
どの試合もわりと圧縮できてたはずなのですが、手札やストックのCXを処理しきれなきゃ意味ないですね。
4枚リフレッシュは流石に凹んだ(
[PR]
by aboutO_K | 2011-10-13 22:18 | ヴァイスシュヴァルツ

【WS】10/10 立川ファミコンくん2号店 Rewriteタイトルカップ

本日はタイトルカップというのに参加してきました。
ちなみに、大会前にヴァンガードのチーム戦もあったのですが、こちらは2戦連続でG1にライドできなくて負けました。申し訳ない…。

それではレポ。
参加人数は6人。


使用デッキ:ちはやかわいいよちはやビートダウン
所謂ちはや咲夜単(
最初は真面目に組んでたのですが、フリーを重ねるうちに「どう組んでも変わんないな!」って思ってファンデッキ嗜好に。


1回戦目:緑赤t青 ×
中盤までは特に苦労せず進めてたが、Lv2の時にいきなり6点食らって不利に。デッキ7枚でCX1枚残ってたんだけどなぁ…。
返しに《鳳 ちはや》を展開。
そこからなんとか互角の状況まで持っていき、《此花 ルチア》のCXシナジーで詰められそうになるも土壇場でキャンセルして6点止まり。
残りデッキ4枚でリフレッシュしたら負けなので、これが最終ターンに。
場には《鳳 ちはや》が2体と《鳳 咲夜》。
相手はクロック2点で、ダイレクトアタックできる個所が1つある。
デッキにはトリガーマークが付いてるカードが1枚残ってるので、それを期待して2→3→2と打点が入るようにアタック。
すると3点の時にトリガーが乗って4点に。もちろんキャンセル。
残りの2点は通るも、これじゃ詰められない。
そのままターンを返されてリフレッシュで負け。


2回戦目:青赤t黄 〇
今回も特に困らない展開。
終盤に相手がCXを2枚捲って、返しにキャンセルできなくて勝ち。


3回戦目:赤青t黄 ×
相手がLv0をキレイに引けてなかったので序盤は有利。
しかし、Lv2になってから控え室を確認させてもらうとデッキにCXがだいぶ残ってることがわかる。もちろん打点は通らず。
それでもCXが6枚しか戻ってないはずなのでリフレッシュ後に詰めにいける、と思ったら3点や4点といった大きな打点を悉くキャンセルされて辛い。
終盤、互いにほとんど同じ場になり、あとはどちらが多くキャンセルできるかの勝負に。

負け。


1勝2敗。
リライトのミラーは数をこなしてるのでファンデッキでも特に困った展開にはならなかったのですが、やっぱり鳳ちはやを使うと土壇場で弱くなりますね。
場持ちはするけど、継続して回復できないしリフレッシュ後のデッキ枚数も多くなる。難しい。
[PR]
by aboutO_K | 2011-10-10 20:34 | ヴァイスシュヴァルツ

【WS】10/6 フルコンプ立川店

Rewriteが発売してからWSのモチベが高いです。

というわけで本日はフルコンプの大会に参加。
参加人数は4人で総当たり。


使用デッキ:赤黄t青リライト(鳳ちはや)
ちはやがすごい可愛かったので組んでみました(


1回戦目:青赤ハルヒ ×
序盤はほぼ互角だけど、相手がLv.1になっても弱いキャラしか並ばず場でこちらが優勢に。
そのままLv.3まで行くが、ここで《トラブルガール ハルヒ》、《夏祭りの長門》、《ギタリスト 長門》×2と展開される。
さらに《サムデイ イン ザ レイン》。しかし、これはキャンセル×2であまりダメージを食らわず。
返しに《鳳 ちはや》×3。
2点入れればリフレッシュ込みで勝ちだけど、ここで躊躇ってちはやを1体下げ、2→1→2と殴るように配置してしまう。
控え室にCXが4枚しか落ちてなかったので次のターンに持ち越そうと考えたのが失敗だったなぁ…。
当然、2点はキャンセルされ、1点しか入らず。
こちらはデッキ2枚で3-0。リフレッシュでCXを8枚戻す。
が、ちはやの効果で圧縮なんてできてないので、あっさり7点食らって負け。


2回戦目:緑青クドわふたー 〇
相手のLV.1とLv.2を相討ちで潰して相手の盤面を崩していく。
しかも、こちらは絆と扉トリガーで手札を増やしているのでどんどん差が開いていく。
このまま差を維持し、LV.2のまま《“鳳家のお嬢さま”ちはや》の効果でトップを確定させて詰み。


3回戦目:赤緑アイマス 〇
今回もLv.1とLv.2で相討ちが活躍。
LV.3では《鳳 ちはや》×3+レベル応援で相手にチャンプアタックを強要する。
あと一歩のところでキャンセルされ続けて辛かったけど、珍しくこちらもキャンセルできてたので2ターン首が繋がり、ギリギリ勝ち。


2勝1敗。
総当たりなので2勝1敗が3人もいるなんてことになったけど、勝った時のレベルとクロックを参照して3戦目の人が優勝に。
1戦目がLV.2クロック3、2戦目がLv.2クロック6で勝ちとかどんだけ強かったんだ(

今回使ったのはLv.3のちはやが使いたいがために組んだリライト単。
カードリストに一通り目を通した時に《“鳳家のお嬢さま”ちはや》と《“散る桜の宿命”咲夜》がなかなか強いことが書いてあって組んだのですが、予想通りの活躍を見せてくれたので満足。
特に《“散る桜の宿命”咲夜》はレベルまでパンプしてくれるので相手の相討ち対策になり、こちらの相討ちはもう一つの能力で場に残してくれるのでガンガンチャンプアタックすることができました。
肝心の《鳳 ちはや》に関してはほぼ確実に討ち取られないスペックということもあり場はすごい強くなるのですが、1体しか出せない時にストックが無駄になったり、ちはやを出した後にリフレッシュするとデッキがかなり分厚くなったりとなかなか使うのが難しいです。
ストックの使い道をよく考えなきゃいけないので、もう少しカードリストとにらめっこしながら構築とプレイングを考えてみたいと思います。
[PR]
by aboutO_K | 2011-10-06 22:58 | ヴァイスシュヴァルツ

【WS】9/30 立川ホビーステーション

本日もWSの大会に参加。
参加人数は20人。


使用デッキ青赤t黄フェアリーテイル


1回戦目:青緑アイマス 〇
序盤のキャンセル連打が辛かったけど、《大きな秘密 涼》を助太刀で撃ち落としたあたりから流れがこちらに。
結局、チェンジから《妖精の尻尾の魔導士 グレイ》を3体並べ、相手が息切れして勝ち。


2回戦目:赤黄青リライト ×
チェンジから《妖精の尻尾の魔導士 グレイ》を出すまではよかったけど、レベル応援が来ず場が弱い。
それでも記憶で11500、助太刀で13500まで視野だったけど、《鳳 ちはや》+レベル応援で叩き落とされ場が完全に崩れる。
なんとか粘ってみるも、最後はアタックトリガーでソウル+2から3点入れば勝ちというところでキャンセルされて負け。


3回戦目:赤緑青ミルキィ 〇
相手がCXをやたら捲る&やたら切ってくる。
それを確認したうえでこちらは積極的にCXを貼り、リフレッシュ前に3-4まで持っていく。
返しに当然3点回復され、次のターンには2点回復されたけど、キャンセル差が覆らず勝ち。


4回戦目:赤黄青シャナ ×
《グレイの師匠 ウル》を1枚も引かない&1枚も落ちないというおかしな展開(
中盤の助太刀があれば覆せる場面を全てスルーしてかなり辛い。
それに加えやたらCXを引いてしまい場が並ばない。
それでも《妖精の尻尾の魔導士 グレイ》+レベル応援が揃ったのでなんとか場は持つかと思ったら、色んなパンプ能力を乗っけて無理矢理《大いなる器 シャナ》でアタックされる。
そのままCXシナジー込みで押し切られて負け。


2勝2敗。
堅実な戦いができるのが好きでFTを使ったのですが、まさか助太刀を握れないとは。
前にも上手く場が並ばなくて負けた経験があるので、少し構築を見直した方が良いのかなぁ。
[PR]
by aboutO_K | 2011-09-30 21:31 | ヴァイスシュヴァルツ

【WS】9/26 ファミコンくん2号店非公認

WSしたいなーって思ってたところに非公認大会があると聞いて参加してきました。
参加人数は10人。


使用デッキ:青緑t黄ブラック★ロックシューター


1回戦目:青緑赤ファントム 〇
序盤、相手が全くキャンセルできず、こちらのダイレクト4点が通ったりであっさりレベルアップ。
さらに《譲れねぇ仁義リズィ》を素出しするほど手札が噛み合ってないらしく、返しに《小鳥遊 ヨミ》のCXシナジーで倒しても3コストでアンコールするほど。
その後もほとんどキャンセルされず、早々にレベル3まで。
《“無敵のファントム”ドライ》に怯えながらターンを返すと、何故か相手のダメージに赤がないという事態が(
おかげで詰められる心配がなくなり、返しに《常闇の主 デッドマスター》で詰み。


2回戦目:青単アイマス ×
《Xmasパーティー マト》+3500が揃い優勢、と思ったらチェンジから《青空の様な女の子! 真》を出されて焦る。
が、こちらも負けじと+2000/+1のCXでパワー7000にして応戦。当然ながらハンドアンコール。
これを3ターンほど続ける(
レベル1になってからは《小鳥遊 ヨミ》が並びいい感じ、と思ったら《765プロ地獄の特訓》とかいう謎のイベントで場を一掃される。
しかも、このイベントが思い出に行ったことで《青空の様な女の子! 真》がパワーアップ。さらに後列の《歌に全てを賭ける 千早》×2がすごいパワーカードと化す。
完全に場で圧倒されてテンポを失い、そのままずるずると。


3回戦目:黄青緑ペルソナ 〇
《処刑》を狙うデッキのようだったので場は優勢。
《辰姫神社のキツネ》と2コスト回復でほとんどストックを使わず回復された時は驚いたけど、ストック溜める際にCXが2枚巻き込まれてたのでほぼ無問題。
終盤、相手が3-1の時にデッキ4枚でCXが8枚落ちてるのを確認して3→3→2で殴れるように配置したら、1体目のアタックでCXソウル+2。
うっかり5点になったけど、リフレッシュ後の1点が通りそのまま勝ち。


2勝1敗。
765プロ地獄の特訓の強さが頭から離れないw
確かにアイマス2のイベントシナジーはカードリスト見た時から強いなーと思ってましたが、寄り道ほど使いやすくないので実用性は皆無だと思ってたのに…。
ちょっと興味が沸いたからアイマス2調べてみようかな。
[PR]
by aboutO_K | 2011-09-27 00:39 | ヴァイスシュヴァルツ

【WS】9/21 立川ファミコンくん2号店

はい、嵐の中ショップ大会に参加してきました(
参加人数は5人。


使用デッキ:赤青t黄リトルバスターズ


1回戦目:赤黄AB 〇
《解けた葛藤 ゆり》×2が強かったけど、ひたすら相討ちできたので思ってたよりは困らず。
しかし、《夏服の葉留佳》が3回もトリガーでバウンスされてコンセプト通りに動けない。
レベル3になってからは《解けた葛藤 ゆり》×2がすごく強くてこちらの《『星屑』 氷室》が役に立たない。
それでも舞台に置かれた時の能力と《メイド服の美魚》でしっかり回復してターンを繋いで、ひたすらチャンプアタックで打点をねじ込み勝ち。


2回戦目:青緑黄アイマス 〇
今回も相討ちが活躍し、レベル1で優勢になる。
チェンジも早出しもされずそのままレベル3まで進めると、《スーパーレディ 真》×2とレベル応援を出されて焦る。
《『星屑』 氷室》で倒そうと考えるも、12000+《ジュピターとの対決!》と能力で・・・17000?(
諦めてソウル+3のCXを貼りチャンプアタック→通った!
勝ち。


3回戦目:青黄ミルキィ(怪盗) 〇
今回も相討ちが活躍。しかし、序盤からキャンセルされまくってレベル2が遠い。
結局リフレッシュ前にレベル2に上げることはできなかったけど、相手がハンドアンコールや3コストアンコールを何度も使ってくれたおかげで手札とストックは少なげ。
こちらはレベル2から《身構える沙耶》を追加して手札を増やしながらきっちり打点を入れてく。
ようやく相手をレベル2にしたと思ったら当然《魅惑の怪盗 アルセーヌ》。けどCXは貼られず。
レベル3に上がったけど、《魅惑の怪盗 アルセーヌ》のサイズが大きすぎて倒せず。
それでも《『星屑』 氷室》と《メイド服の美魚》、さらに《耳年増 あーちゃん先輩》で相手をレベル2にして無理矢理《『星屑』 氷室》の能力を使って回復しまくる。
結局、一度も《魅惑の怪盗 アルセーヌ》のCXシナジーは使われず、キャンセル差を回復差で埋めて勝ち。


結果は優勝。
《夏服の葉留佳》を使う関係でクライマックスフェイズにチェンジするデッキは苦手なのですが、当たらなかった&されなかったうえにレベル1の相討ちが活躍するデッキばかり踏んだのが勝因かも。

今回使ったのは《夏服の葉留佳》でストックを、《“浮世離れ”美魚》で記憶を溜めるデッキ。
絆が2種類入っているということもあり、安定性が高く手札もストックも尽きないのがすごく強いです。
流石STOPさんのデッキ(
[PR]
by aboutO_K | 2011-09-22 10:27 | ヴァイスシュヴァルツ

【WS】9/19 立川ファミコンくん2号店・ネオスタンダード予選

せっかくの休日に何もしないというのも退屈だったのでWSの大会に参加。
参加人数は24人。


使用デッキ:青緑t黄ブラック★ロックシューター
以前、レシピを載せたものとは別のデッキ。


1回戦目:赤緑青BASARA ×
BASARAにはレベル0相討ちがなかったはずなので《Xmasパーティー マト》+3500が活躍。
ディスカードしないためにクロックを埋めずにプレイして手札とクロックに差をつける。
しかし、レベル1帯が1/1/7000ではなくアンコールやパンプキャラしか入ってないみたいで、気付けば相手のストックがすごいことに。
そのままお互いにレベル1でリフレッシュ。デッキが薄いのでお互いキャンセルの連続。
レベル2で《“天覇絶槍”真田 幸村》+《“戦神覇王”武田 信玄》を揃えられ、さらにCXシナジーで2点食らうがそれ以外の打点はキャンセル。
こちらも負けじとレベル2を展開したかったけど、なかったので集中から持ってくることに。
キャラ、キャラ、キャラ、キャラ
あれ、じゃあもう1回集中で…
キャラ、キャラ、キャラ、キャラ
仕方ないからもう1回…
キャラ、キャラ、キャラ、CX
デッキを見るとレベル2がない。しかもCXが2枚残ってる…。
当然アタックするとCX×2。このターンは3コストでアンコールしてエンド。
返しにまたしても《日本一の兵》を貼られるが、2回目のリフレッシュでCXが7枚戻ったのでなんとか。
・・・ならず9点入って負け。
控え室を確認せずに集中に頼ったのがダメだったのかなぁ。


2回戦目:赤黄なのは 〇
リフレッシュ前に全くキャンセルできない&CXを引きまくる。
そのままCX5枚でリフレッシュ(
この時点で負け覚悟だったけど、相手もほとんどキャンセルせずにそのままレベル3に。
返しに《魔法訓練》×2で2点食らいレベル3・クロック4まで。
さらに《“雷光”フェイト》+《理想との決別》と強い。
流石に無理か・・・と思ったらまさかの2キャンセルで首が繋がる。
返しにそのまま殴って勝ち。


3回戦目:赤青ハルヒ ×
序盤からキャンセルの連続で相手がレベル1から動かない。
なんとかレベル2まで上がったと思ったらまたキャンセルの連続…。
先にレベル3になったので、《常闇の主 デッドマスター》がただの2点パンチャーとして頑張って殴る。
やっとの思いで相手をレベル3にしたと思ったら、返しに《トラブルガール ハルヒ》×3+《サムデイ イン ザ レイン》。
こちらのクロックは4。流石に無理か・・・と思ったらまさかの5連続キャンセル(
この流れならいける!と思ったけど、返しに2キャンセルされて負け。


4回戦目:赤緑青ミルキィ 〇
《小鳥遊 ヨミ》+《黒衣 マト》でクロックと手札に余裕を作り、さらに2ターン連続で《星型のストラップ》を貼ってストックを増やしつつ相手のキャラを倒しまくる。
おかげでリフレッシュ後のデッキがかなり薄く、この4戦で一番キャンセルできた。
レベル3で6点ほど回復されたけど、それも気にならないほどストックとダメージに差が。
返しの《常闇の主 デッドマスター》からの詰めを《ナルシスト 二十里先生》で防がれるが、結局キャンセルされず勝ち。


2勝2敗。
手札とストックを稼ぐことを意識して組んだのですが、どうもあと一歩足りない感じ。
負けた試合は両方ともCXシナジーでバーンしてくるデッキでしたけど、これは防ぎようがないなぁ…。
とりあえず、無駄に集中するくせをなんとかしないと。
[PR]
by aboutO_K | 2011-09-20 07:22 | ヴァイスシュヴァルツ

【WS】8/31 立川ホビーステーション・ネオスタンダード予選

3時から大会があるらしいので参加してきました。
参加人数は27人。


使用デッキ:緑青黄ブラック★ロックシューター
以前載せたレシピから翠緑の瞳1、ストレングス1を抜いて助太刀3000を足したもの。


1回戦目:赤青t緑エヴァ ×
序盤から相手が手札からCXを貼ったりキャンセル連発だったりですごいCXが見える。
これは+1000,+1のCXから高打点入れて圧勝だ!と思ったら全くCXが引けない。
気付けばデッキが7枚。
《大人びた美少女 ヨミ》でデッキを見るとスポーツがないうえにCXが3枚も残ってる…。
しかも出せるキャラが《ストレングス》しかいないので、仕方なく出す→1ダメージでデッドマスター。
CXじゃなかったのでホッとして殴ると、
アタック っクライマックス
アタック っクライマックス
アタック っクライマックス
知ってた(
アンコールもできないので仕方なくCX4枚でリフレッシュ。
それでも要所でキャンセルしてくれればまだ勝負にはなるはず!
アタック っクライマックス(本)
ドロー  っクライマックス
アタック っクライマックス
こんなの絶対おかしいよ。


2回戦目:赤緑超電磁砲 〇
今回も序盤、中盤にキャンセルされまくるが、レベル1帯で何故かこちらの《“Dead Scythe”デッドマスター》が潰されずに活躍し、先に相手をレベル2に上げることに成功。
すると返しに雑誌プロモの美琴とソウル+2のCX。
今回はデッキにCXが残ってた上にけっこう圧縮できてたのであまり打点を受けずに済む。
さらに《クラスメイト ユウ》×2で《“Dead Scythe”デッドマスター》をパンプし、相手のレベル2を撃破。
が、レベル3になった瞬間《“最強無敵の電撃姫”美琴》やら《一つ屋根の下 美琴&黒子》やら《“多才能力者”木山》やら出てきて一気に場が劣勢に。
なんとか応援や自ターン中パンプを駆使して《ストレングス》で《一つ屋根の下 美琴&黒子》を倒すと、返しにおかわり。あれ、このカード2枚制限だったような…。
結局、2度目のリフレッシュを迎えてしまうが、さっきよりも圧縮できてるので無事キャンセルしてターンが回ってくる。
返しに《常闇の主 デッドマスター》で安全に詰み。


3回戦目:赤青化物語 ×
1、2戦目の比じゃないくらい序盤にキャンセルされる。
しかも、《“Dead Scythe”デッドマスター》が落ちないせいで場がすごく弱い。
なんとか先に相手をレベル2に上げることはできたけど、返しにソウル+2のCXから6点通ってCX6枚でリフレッシュする羽目に。
そしてリフレッシュしたせいで控え室の《ストレングス》が消えるorz
それに加えリフレッシュダメージでCX、クロックドローでCX、アタックトリガーでCXとものすごい噛み合わせの悪さを披露し、返しに普通に7点通って負け。


ここでドロップ。
デッドサイスやストレングスが噛み合わないのはそういうデッキだから仕方ないとしても、CXにも恵まれないとなると…。
まぁ、たまにはこういう日もありますよね。
[PR]
by aboutO_K | 2011-08-31 20:01 | ヴァイスシュヴァルツ